読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤギツバの日記

大人気ブロガー「ちきりん」さんの二匹目のドジョウをどん欲に狙った、おちゃらけ社会派ブログです。

僕の夢はYouTuber!!/少子化は投資家の眼が超えたことによるもの

技術関連株が、連日高値を記録する中で、その他の株は、
あまり成長が見えませんね。

 

工場の生産はどんどんロボットに置き換えられ、技術関連株が
得ている利益というのは、つまるところ、

労働者コスト-ロボット運用コスト = ロボット業者の利益

という簡単な式に落とし込めるんですよね。

 

ロボット運用コストは、AIの成長やさらなるセンサーの進歩や
半導体のデータ容量増加、ネットワークの良質化により、
どんどん下がっていきます。

 

当然、技術関連株は既に存在するコストを削減できるわけですから、
利益を積み増していくわけです。

 

利益を出せば、さらにロボットの開発にお金を回すことができ、
運用コストはさらに下がっていきます。

 

こうなってくると、もはや歯止めが効かなくなり、
人間の労働というものは、YouTuberやら作家くらいしかなくなります。

 

たまに「将来の夢はYouTuber」という子供の無邪気すぎる夢を
批判する人を見かけますが、彼らの視点は現実的であり、
「工場で蟻のように働く」などという安定した仕事は、
残されていない可能性が高いのです。

 

では、僕たちはどうやって生き残るべきなのか?

 

それは、この言葉に集約されます。

「投資先を間違えない。」

一昔前であれば、子供を産むことはリスクを減らしました。
子供を産めば、農業の働き手が確保できますし、女性であれば、
家事を担ってくれます。

しかし、今後は子供を産んでも、その仕事はロボットに奪われているため、
ペイできない未来が想定できます。

そのため、「子供を産む」という誤った投資をするのではなく、
「技術関連株を買う」という投資に切り替えるべきでしょう。


人間がやってきた仕事のほとんどはロボットが行うようになれば、
ロボット化によりコスト削減に成功した資本家の利益は、
ますます増します。

ブラックスワンという本には、「月並みの国」と「果ての国」が
登場します。

「月並みの国」では全ての現象がベルカーブの確立に従っています。

人間の体重、身長など、サンプルをとり、平均をとれば、
そこそこ中身が分かる世界のことです。

「果ての国」では、そうはいきません。
火星からやってきた宇宙人が、所得について100人
くらいのサンプルをとって平均を出そうとしても、
ビルゲイツ1人が混じるか、混じらないかで結果が全然違うのです。

資本は集約化が進み、僕たちはさらなる「果ての国」で、
生きていかなければいけません。

そんな僕たちが生き延びる手段は、「株主側に回る」ことで、
解決されていきます。

もしかして、少子化っていうのは、現代の若者が完璧に理解していないながらも、

 

「消費者」ではなく、「投資家」として、子どもへの投資は無益ということを、無意識に感じ取っていることから起きている現象なのかもしれません。

労働者コスト-ロボット運用コスト = ロボット業者の利益

が動き続ける限り、労働は減少していくでしょう。