ヤギツバの日記

大人気ブロガー「ちきりん」さんの二匹目のドジョウをどん欲に狙った、おちゃらけ社会派ブログです。

時価総額最大で株価めっちゃ高いけど、アップル株を買うべき理由。

アップルのビジネスは、単純なように見えて、案外複雑です。

製造業もやっていますが、アプリも作っていて、
それを使って金儲けできるシステムも確立しています。

今後の動向を分析してみましょう。

まずは、アップルが売っている商品の説明から見ていきましょう。
(当たり前ですが、全部英語です。英語が読める人は
英語で読んでいただいて結構です。読めない方は、
重要な部部のみ私が要約していきます。)

2015 annual report に書かれている商品は、

商品(Products)
iPhoneiPadMac

O.S.
iOSOS X、watchOS、tvOS、Application Software、

サービス
Intenet srvices(iTUnes Store)、iCloudAppleCareApple Pay

さて、その他の商品の欄はありますが、メインはこれらの商品ですね。
O.S.は商品(Products)の中に含まれていますので、
商品の売り上げを見れば、この会社のビジネスの実態がつかめます。

2016年時点でこんな感じです。

Products    2015    2016   2015(割合%) 2016(割合%)
iPhone     $155,041  136,700   66.34%   63.4%
iPad      $23,227   20,628   9.94%    9.6%
Mac      $25,471   22,831   10.90%   10.6%
Services    $19,909   24,347   8.52%    11.3%
Other Products $10,067   11,132   4.31%    5.2%
-------------------------------------------------------
Total net sales $233,715 215,638

商品別でみれば明確ですが、iPhoneiPadの売り上げが落ち、
Servicesの売り上げが上昇しています。

これは、iPhone自体はすでに所有していて買われなくなってきていますが、
サービスは使われていて、収益が上がっていることを示しています。

もちろん、これが悪いこととは思いません。

スマホって1年で買い替えるものではないので、
(人によりますが、2~4年の周期での買い替えではないでしょうか?)

そうなれば、どうしたって需要に波は出ますよね。
しかし、サービスに波は出ません。
使われていれば、サービスの売り上げは伸びるのです。

そういう意味で、私はサービスの売り上げに今後も注目していきたいです。
サービスが減りだしたら、
「ん?大丈夫か?」
と疑っていくべきだと思いますが、サービスが伸びている現状は、
メルマガの会員数が順調に伸びていると考えてもいいくらい、
素晴らしい結果だと思います。

また、今回HomePodの販売は、Productsの内容を充実させるものになります。
iPadMacなどの推移から予測すると、Apple大好きな人たちが、
全体売り上げの10%ほどを確保してくれるのでは?と
予測できます。

この水準がクリアできるのであれば、2017年の売り上げは
大幅に増加しますし、Appleスマホを抑えていますので、
Amazonよりも波及効果が大きいように思います。

スマホを核として、様々な製品(テレビ、ステレオ、PC、家電製品)を
音声で操作できるようになるのではないでしょうか?

「電気つけて」
「パソコン着けて」

にとどまらず、

「冷蔵庫のスパゲッティ温めといて」
「冷凍庫の肉を解凍しといて」
「お湯沸かしといて」

となり、さらに、

自分「コーヒー入れといて」→siri「コーヒー豆が残り10%です。買い足しますか?」
→自分「今回のコーヒーは苦すぎるから、もう少しすっきりしたものにしといて。」
→siri「かしこまりました。その苦みはポリフェノールと推測できます。
 自分様の体調管理にとって、重要な成分ですが、それでもコーヒーを変更しますか?」→自分「。。。同じの買っといて。」
→siri「承知しました。」

的なやり取りが行われるようになるのではないでしょうか?

アップルの機能は拡張可能なことが推測できます。

バフェット時代の株式投資では、マクドナルドのような
チェーンストアが予測の核でした。

いい店が利益を得て、その利益を元手に複利で利益が平面に広がっていくイメージです。
アップルの場合は、3次元の広がりです。
いい製品が利益を得て、その機能は、面として拡張するのではなく、
様々な産業に立体的に組み込まれ、生産性を向上させます。

アップル株、まだ割安かもしれませんね。
もちろん、この世界を牛耳るのは、
アップルかもしれませんし、マイクロソフトかもしれませんし、
Facebookかもしれませんし、Amazonかもしれませんし、
まだ誕生していない、全く別の会社かもしれません。

ただし、スマートフォンという核を抑えたアップルは一歩
リードしているように思います。