ヤギツバの日記

大人気ブロガー「ちきりん」さんの二匹目のドジョウをどん欲に狙った、おちゃらけ社会派ブログです。

なぜインデックスファンドが最悪の投資なのか?

【バフェットの眼】なぜインデックスファンドが最悪の投資なのか?


最近、サピエンス全史という歴史書を読んだ。

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福
http://amzn.to/2rN4vTS


長い本だが、ビルゲイツや、Facebookのマークザッカーバーグ
ホリエモンなどが絶賛している本であるが、
投資家の方々にも是非お勧めしたい本でもある。

ここには、人間の特性が詳細に書かれていて、
株式相場においても、「遺伝子的な反応」は避けられないものが
あるからだ。

僕たちは遺伝子に支配されていて、それによって本能に逆らう
投資は非常に困難なものになっている。

さて、それと絡めて話をしたいのが投資信託についてだ。

投資信託とは、優秀なポートフォリオマネージャーが、
株に詳しくない人々からお金をかき集め、そのお金を
運用することで、通常の株式投資よりも突出した成績を
残せるという金融商品だ。

しかし、最近の統計によれば、投資信託には
大した価値はなく、市場全体にかけるインデックスファンドの方が、
安定しており、継続的に優れたパフォーマンスを出すことが
できるということになっている。

以下の図書に、そのことが詳細に書かれているので、
底に興味がある方はお勧めする。

なぜ投資のプロはサルに負けるのか? 藤沢数希
http://amzn.to/2sPg5Mv

しかし、残念なことに、僕の結論は、インデックスファンドでも
投資をする人は儲けることができないという部分だ。

それに納得できない人はおそらく、以下のような人たちだ。

リーマンショック以後投資を始めた。
・すでにかなりの額の含み益を得ることができた。

なぜウォーレンバフェットにも絶賛されているインデックスファンド
が危険なのか?

人間の歴史を振り返りながら確認していきたいと思う。


□■----------------------------------------------------------------□■
なぜインデックスファンドが最悪の投資なのか?
□■----------------------------------------------------------------□■

------------------------------------------------------------------------
1.僕たちは猿だった。
------------------------------------------------------------------------

我々は現在人間として、世界を正真正銘制覇している。
その証拠に、食べれない食べ物というのは、探すのが難しいほどの
状態になっている。

しかし、そんな我々ホモ属は、数百万年にわたって、
捕食者によって追われ続けてきた。

40万年前になってようやく人類は大きな獲物の狩りをはじめたのだ。

ライオンやサメといった捕食者は、何百万年もかけて、
食物連鎖の頂点に君臨するようになったが、人間は、
あっという間に頂点に上り詰めてしまった。

40万年という歴史的に見ても、遺伝子工学的に見ても、
あっという間に上り詰めたことで、人間は「堂々たるふるまい」
が身に付いていない。

簡単に言えば人類は今でも、「草むらで音がしたらとりあえず逃げる」
という遺伝子が組み込まれた状態のままになっているということだ。

これは、株式市場についても同様の動きをする。

暴落が始まれば、多くの人はその株の将来性が不安になり、
その株の悪い点ばかりに注目するようになってしまい、
あっという間に逃げ出す。

6月9日(金)の米国市場で、FAGA株が暴落した。
(FAGAとは、Facebook,Amazon,Google,Appleのインターネット関連を
牛耳る企業の略称)

さらなる暴落が引き起こされるかどうかに注目している。
もちろん、今のインターネット関連株は、ITバブルの頃と違い、
しっかりと稼いでいる企業がほとんどであり、下値は限られている。

それでも下落したことで、悲観的な予測が人々の頭からこびりついて
離れないだろうし、「とりあえず利益を確定しておこう」と動く人は、
少なからずいるはずだ。

草むらで音がした時に、人間が取るべき最も有効な方法は、
「音の原因が本物のトラかどうかを確かめること」ではなく、
「対象から距離を取り、襲われることがない位置に逃げること」だ。

この遺伝子が人間に刻みこまれていることは、過去の株式市場の暴落が
証明している。


------------------------------------------------------------------------
2.お金は体の一部。虎に腕が食いちぎられて逃げない人間がいるだろうか?
------------------------------------------------------------------------

さて、この話はどうも飛躍しているように思えるという人が
いるかもしれない。

「虎に食い殺されることと、お金を失うことは全然違うことではないか?」

と、疑問を持つことは至極全うなことのようにも思える。

ここで、「現代の人々がお金をどのように認識しているか?」を
しっかりと考えておく必要があるのだ。

私自身としては、お金とはホモサピエンスが作り出した虚構の1つであり、
「みんながお金に価値があると信じているからお金に価値がある」
という立場であるが、みんながその認識ではない。

私は、お金は体の一部になっていると考えている。

多くの日本人は、お金が手に入ったとしても脚や腕、内臓を
失いたくないだろう。

しかし、少しばかり貧困な国に行くとこんなニュースが出てくるように、
事情が変わってくる。

iPhone欲しさに腎臓を売る 闇の臓器売買絶えない中国
https://www.j-cast.com/2012/04/08128146.html?p=all

既に、お金の価値が肉体の価値を超越し始めているのだ。


※無料版は途中までのみご覧いただけます。
 全てご覧になりたい場合は、有料版 バフェットの眼(月額840円)
 (http://www.mag2.com/m/0001269131.html
 をご購読ください。

 

■編集後記
それにしても株式市場は上昇を続けていますね。

一般的に、下落相場でリスクは低下していきますが、
上昇相場ではリスクは上昇していきます。

どこまで上昇を続けるのかは誰にもわかりませんが、
リスクは高まっている認識はしておくべきでしょう。

継続は力なり!
ダメでもともと(笑)

八木翼でした。

□■----------------------------------------------------------------□■

お断り:
メールマガジンで登録された氏名、メールアドレス
やクレジットカード番号等の個人情報は、発行者であ
る八木翼個人(以下、「発行者」といいます。)には通
知されておりません。

企業価値や株価等に関する情報に言及することがあ
りますが、本メールマガジンは、あくまで財務の分析
等について学んでいただくためのものであり、有価証
券や金融商品の価値等についての助言、投資その他
の勧誘、税務相談、法律相談等を行うことは目的にし
ておりません。

掲載される情報は発行者が信頼できると判断した情報
をもとに作成・加工しておりますが、内容及び情報の正
確性、完全性等について、発行者はいかなる責任も持
ちません。

また、時事の変化等に応じて、お届けする内容が予告し
ていたものと異なる場合があります。

メールマガジン本文および関連データの知的財産権
発行者に帰属しております。事前に承諾を得ることなく、
これらの内容を複製・加工・譲渡することはご遠慮くださ
い。
(ただし、通常の雑誌等と同様、常識及び著作権法等の
法令で認められる範囲内で、部分的に引用していただく
ことは差し支えありません。)


八木翼が行っているその他の活動

有料メールマガジン
・「毎日5分!経済英語NEWS!」( http://www.mag2.com/m/0001212350.html
 毎日1分!経済英語NEWS!のNEWSの約8倍の英文量、詳しい解説を提供。
 毎日一分だけで、英語ができるようにはなりません。
 多読することで、英語は習得できます。


無料メールマガジン
・「バフェットの眼(無料)」( http://www.mag2.com/m/0001277652.html
 有料メールマガジン「バフェットの眼」から企業について分析した
 一部の無料配信です。この無料メールマガジンでも十分勉強に
 なります。

□■----------------------------------------------------------------□■


◎【バフェットの眼】
配信停止はこちら↓
http://www.mag2.com/m/0001277652.html

メルマガ発行者:八木翼↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

ホームページはこち
http://keizai-news.sakura.ne.jp/

八木翼へのお問い合わせ
die-try-in@hotmail.co.jp

もしくはtwitter
tentengu

までご連絡ください。

□■----------------------------------------------------------------□■